MENU
blog 新着情報

台風18号接近

2009.10.08

コラム

現在高校回りで西へ東へ。
一昨日は茅ヶ崎寒川高校。昨日は白金台明治学院と世田谷の国本女子。
「象鯨美術学院テリトリー広いですね」と驚かれた。
その合間を縫って湯河原と元住吉へ行く。大磯は中間地点で便利かもしれない。
またまた眼医者へ!
「黒目の中心に小さい鉄粉が刺さっています。周りに錆が広がっていますので取って行きます。痛くないですから絶対動かないでくださいよ」
国民健康保険証を出しながら
「ややこしくてすみません」
「今回も自費ですね」
「すみません」
「9,760円です」
「すみません9000円しかないんで銀行に行ってきます」
しかし考えたらたった9千円。
お金払いたくなければ健康管理をすればいい。車のスピード違反と同じだ。違反に保険効かないもんね。
こんな下らん怪我ばっかりする男からは自費で治療をし、どうしても仕方がない高額治療者に保険を適用すればいいのだ、と言ってる訳ですよ。
だからインフルエンザも自費で良いし、風邪で病院来る奴は言語道断。糖尿病等贅沢病の人にも反省の意味を込めて自費治療(これは酷か?)
とそんなくらい思います。
実は先日のシルバーウイーク中、高校生の娘が学校からインフルエンザを貰ってきて39度超を2日。1日ずれて小6の風紋が40度超え2日間。同時に大学生の真昼が39度超え。当然病院に行かずに治ったので、インフルかどうかは判らない。
40度超えの風紋は、手足の先が真っ白になり、うなされて意味不明発言。でもこれは熱出ると毎回で小さい頃よりよりましになってきた。
当然氷枕やらアイスパックで冷やしたり色々手当はします。まあ高校生以上は自己責任で放ったらかしですが。
懐古主義ではなく昔を辿るべきである。「今と昔は違う」と言うのも正論だが辿る価値もある。僕が小さい頃は、はしかをもらいに行ってた。はしかの子供が居る家にわざわざ伝染させて貰いに行くのだ。
注射1本で事無きを得るのは、安易すぎるし、問題が無い訳が無い。
これほど耐性ウイルスや副作用を言われても乱発するのか。
こちらも素人なので判らないが予防接種等をもっと厳格に厳選してもらいたい。
やはり科学の進歩で良い事もある訳だから、これだけは絶対にやっとけとかユーザーの選択がどこまで可能なのか、恐怖感が先に来る病気が相手だけに難しい課題だとは思う。
まあ今のところこの家では「薬使わない成功例」が続いているのは幸いである。
でも失敗しても許してもらいたい。何故なら薬を使って失敗している例は山ほどあるからだ。失敗をくよくよするな!
アーッ歯医者に行きたいな~

 

象鯨美術学院のお問い合わせはこちら