MENU

象鯨美術学院とは?

「受かる」だけでは、物足りない。

象鯨が教えるのは、美大受験のノウハウではありません。
自分が描きたいもの・作りたいものを思うままに作り上げること。
「表現したい」という感覚をカタチにする力をつける場所、それが象鯨美術学院です。

志望校、志望学科、年代、すべて関係なし。
力がつくことで当然のように「合格」という結果がついてきます。
象鯨で得られるのは、その更に先を戦い抜く力です。

LOCATION ロケーション

象鯨には2つのアトリエがあります。
都市部からアクセスの良い横浜校、
美術家の本物のアトリエを利用できる大磯校。
他の予備校ではできない体験が、刺激と
創作意欲を与え、上達を助けてくれます。

アクセス

TEACHER 講師陣

象鯨講師陣はこれまで
学生数30人前後の予備校から
東京藝術大学合格を数多く出してきた
精鋭揃いです。

合格率ではどこにも
退けを取りません。

PRICE 授業料

象鯨は授業料も破格。
高額な授業料は払えないけれど
夢は諦めたくない。
そんな気持ちに応えます。

受講コースへ

MOTIF モチーフ

面白いモチーフは制作意欲も増します。
モチーフや道具は上達を助けてくれます。
象鯨には他では見られないユニークなモチーフが
取り揃えられています。
ストイックに練習するのも大切ですが、
面白い事にアンテナが振れていると、
気がついた時に自然と実力はついてきます。

History 学院の成り立ち

大手予備校からの独立 象鯨代表/彫刻家 西村浩幸

私は、大手予備校で20年間指導して来ました。
他の象鯨講師達も全員大手予備校で育ち、講師をして来た者たちです。

我々は理想を追求し、その結果相当数が東京芸大に合格しました。
大手予備校の懐の深い教育現場で贅沢をさせて頂けたおかげで、他に例のない独自路線の指導方針を実践して来れました。

しかし近年、かつては難関校であった多摩美やムサビにも、美大受験者数が激減したことによって、大半の学生が合格する事ができるようになりました。
容易に沢山合格するということは、ほんとうは大学入学までに備えておくべき芸術・美術の基礎を研鑽する機会を失い、未熟なままで大学に入学してしまうと言う、皮肉な問題を現在の美術予備校や美術大学が抱えてしまいます。

象鯨は、そんな受験現状の中でも、かつてのように「志」を持ち、切磋琢磨する環境を持ち続けたいと考えました。
そこで長年お世話になった大手予備校から講師全員で独立し、ここ日吉の小さなアトリエで、更なる理想を追求する事となったわけです。

最初の学生はもう40歳になりました。1000人以上の学生を見てきました。
デザイナー、絵描き、彫刻家、修復家、建築家、又海外に居住する者も少なくありません。
様々な学生と関わる事で、僕自身も変わりました。イラストレーター、ファッション関係の演出・企画、家具作り等を経て現在は彫刻に専念しています。

気が付くと教え子に仕事を貰ったり、仕事の架け橋をしたりと美術界の協力体制が出来あがり、2007年に「象鯨会」と言うOB会を発足させました。現在約160名。
分野は様々ですが、受験生時代に一貫した「志」を持ち大学や社会に出てからも周りとは一線を画す、優秀で面白い人材揃いです。
これらの背景を基に3種類の事業を設立しました。

受験期にしっかり人材を育て、プロとしてしっかりはばたいて行く。又草の根な作業ではありますが、子供からお年寄りまで広く美意識を高めて行き、何時の日か美しい日本になればと思い一般講座を設けました。
この「受験期の養成」「プロの仕事」「社会貢献」を3本柱に象鯨が発足しました。

象鯨美術学院のお問い合わせはこちら