MENU
blog 新着情報

パピエ・コ・レ

2009.04.16

ギャラリー/制作工程

パピエ・コ・レ
はコラージュの様な物だが、一応ルールとして、厚みのあまりない、紙を貼ってゆき、形を出す。
紙の質や明度を考えて稜線やアウトラインを目指して、貼ったり、切り取ったりして行くうちに立体感、空間、質感が出て来ればみっけもの。
効果としては、紙を切る、貼る、と言う事で、稜線や際に明解な意識が出る。絵具や鉛筆の様に曖昧な調整が出来ないので、何度も貼り直す事により作業密度が増える。手数を覚える。

象鯨美術学院のお問い合わせはこちら