MENU
blog 新着情報

日本の美

2012.05.12

コラム

初夏の昼食でした。ツバメが飛んでいます。
日本の風情を楽しめる所は値段も高いですね。
我々美術家は人と目線が同じではいけません。しかし違い過ぎると変人です。
そこら辺の案配が難しい。美味しい物を食べたときと芸術的な感動がある時、脳みそは同じ周波を出すらしい。と言う事は、普段食事に感動している者勝ちと言う事になります。西日本の人間が芸術家に多いのは此のせいかも知れません。特に関西人は「ボロを来てても食事だけは良い」と言われますから。
我が象鯨では東京芸大に合格したり、あまりにも素晴らしい絵を描いて僕を打ち負かした時、このお店か銀座寿司清で奢ってもらえると言う伝統があります。今までに30回以上は奢らされました。嬉しい悲鳴です。(N)

象鯨美術学院のお問い合わせはこちら