MENU
blog 新着情報

晴天

2009.10.28

コラム

 高校生の椅子

大磯の食卓

古い校舎

 

大磯の家は東側の神社の木が太陽を遮り薄暗い
が樹間のピンホール現象で太陽の形が部屋一杯に広がる。
朝のピンホールと午後のステンドの光は見ていると平衡感覚をなくす幻想的空間
いつでも見に来てください
今日は日本画武田先生と武田先生の母校に行ってきました。
この古い校舎も何れは建て替えられるのでしょうか。
学生用の椅子はデザインが絶妙。背もたれ部分の板を薄くそいであるのが憎い
よく有る学生用椅子とは一線を画したデザイン。更に今も同じ椅子を補充しているのが素晴らしい。床も本物の板張りを新調してある。ピータイルではない。
これは実際非常に大切な事だと思う。安物のスチール机やPタイル、アルミサッシ、コンクリートの牢屋のような学校で良い生徒は育たない。そんなもん関係ないと思うのは大間違い。そういう一つ一つのこだわりに高校生が気づいて行くのと学習が定着して行くのは同じ事だとシュタイナーも言ってる。
こだわりを捨ててはいけない。コンビニエンス、エコノミーは日本の文化を捨ててしまう。

象鯨美術学院のお問い合わせはこちら