MENU
blog 新着情報

引っ越しまくり

2010.03.16

コラム

 湯河原差し入れ

真鶴夕食

ニック

 

湯河原の引っ越しが徹夜で終わる
夜石葉小松さんを誘い真鶴のレストランで食べる。
このレストランへはいつも夜10時頃に行く。
小松さんがしきりに「予約してるんですか?」と聞く。
今日始めて知った事実「閉店8時」
知らぬが仏。今迄閉店時間を全く気にしないで行ってた。
徹夜で部屋片付けをしていたら翌朝、近所の別荘のおばさまが弁当を作って差し入れに来て下さった。春らしき弁当で「湯河原は良い所だな」と思った。
湯河原は旅館、別荘地域で、住民は日常ではない。別荘族や旅行者の町で皆がオープンで面白い。湯河原では夜中に訪問やコーヒー、パーティーは日常である意味ニューヨークの様で面白い。基本遊びモードの人ばかりが住んでる特殊な空間。

象鯨美術学院のお問い合わせはこちら