MENU
blog 新着情報

ニックがやばい!

2010.03.12

コラム

手術後

 

またもやニックが襲われる
手術前の写真はR16で公衆の面前には出せないので写真は1枚っきり。
今回は首元えぐられ、背中から色々な肉が垂れ下がり、肉片が散乱!
背中から内蔵も透けて観える。
「もう死ぬで」と言いつつ近所の獣医に
「酷い状態の鶏でも診てくれるか?」と聞きに行き、
「兎に角連れて来い」との事でタオルに包んで連れて行く。
「皮を出来る限り引っ張り出して縫合してみるが、時間かかるので一旦帰って下さい」
3時間後
「一寸来て下さい」と電話が有り
「やっぱり無理やで」と言いつつ行くと、皮を全部たぐり寄せ縫合されたブラックジャック鶏が診察台に居た。
もしもこのまま生還したらこの鶏は生命力がある。
しかしこれは傍目に笑える話だ。
「鶏食えよ!違う鶏買えよ!」
治療費はニックが4羽買える値段でした。
食用名古屋コーチンを獣医に連れて行き、3時間の手術する。
しょっちゅう行く大磯駅前の杉本は鶏肉専門店で雉子重が美味しい。
高校1年の娘はチキンナゲット食いながら友達とニックの安否を気遣う。
?????
シーシェパードもオリビアニュートンジョンもつまらん感情で食ったり、保護したり。
これが人の世と言うもんだ。勝手なもんだが、鶏を獣医に連れて行く夫婦はネタだな。

象鯨美術学院のお問い合わせはこちら