MENU
blog 新着情報

江ノ島方面

2010.05.13

コラム

 浜昼顔

浜エンドウ

右上にカモメ

 

25年ぶりの初夏の湘南サイクリング
学生の頃、浜須賀のクラウンで買った高級サンドイッチを持って浜昼顔の砂浜で食べていた、暇でぬるい生活を思い出す。最近の学生は勤勉で偉いな! と思うが、俺は俺。芸術は急がず長い目で思慮深く、波瀾万丈に。仕事ばっかりしていては良いものは出来ない。と江戸時代の関西の芸術家達が言ってたそうだ。まあゴーギャン。
以前 同級生に言われた
40代の作家の居残り率が10%に満たない。お前が珍しく続いてるのはいい加減にやってきたからだ。真面目にやってたら今頃芸術が嫌に成ってるはず。
なるほど、案外世間で長生きしてる作家が根っからの美術家畑でないのもこの辺りの理由と合ってるのかもしれない。
10年掛かって人の一年分。海の見えるベランダでプハー
今日は海辺の高校へ営業に行った。最初は取っ付き悪かったが「ペットボトルのリサイクル下らん」話で意気投合し、やっぱり学生紛争時代の人間は面白いと思った。
僕は今年50歳。この年齢の人間から合理主義、効率主義になる。「学生紛争なんて意味が無い」と冷めてくる。研究の効率は上がるが総合的な学力が足りなく成る。現在の偏差値っ子と同人種で50歳以下は現代ッ子の仲間入り。
僕は小学生のとき先生を閉め出して窓から消化器撒いて机投げて、グランドピアノ倒して盾にして新米先生を辞めさせた経験3年間あるので55歳の仲間に入れてくれ!

象鯨美術学院のお問い合わせはこちら