MENU
blog 新着情報

新天地

2010.10.27

コラム

南青山の個展も今週で終わり
これからの新作に向けて、新発明をしないと行けない
あの作品を大きくしようと思ってたが、あの作品の情熱が冷めた
ある人の言葉とある植物とある紋様で、なんか出てきそうで出ない
エスキースをしようと思ったが、古いスケッチは古い呪縛があるので、昨日片付けた革を、もう一片引っ張り出して、スケッチブックの革カバー作りから始める。
前回は分厚い高級コードバンで重かったので、今回は軽い端切れの赤い革。面倒くさいので色々省略。

紙も、ペンも、全て新品にし
新品ミーリー工房の絨毯の上に寝転びながらエスキースを始めました。
新作が熟れるまでは、又時間がかかる。
観たもの、聞いたものの形がそのまま反映される事は無い。
いっぺん消化されて、原型とどめんようになったら作品の価値が出る
だから、「作品の題名やなんでこんな形になった?」と言う問いには毎回違う答えを言う。
「前と違う」と言われてもひるまない。
「答えは一つでは無い」
と人生論の様なパンチ!

象鯨美術学院のお問い合わせはこちら