MENU
blog 新着情報

クロッキー

2017.07.09

コラム

象鯨では、毎週、学生講師が、朝1時間早く来て、クロッキーの、モデルを、してくれます。

模範になるかどうかは、わかりませんが、象鯨社長もかならず一緒に描きます。

社長は、その後熱海と湯河原の境目の通称、蜜柑山アトリエで制作です。

蜜柑山アトリエでは、里先生(39歳彫刻家)とOBの小澤君(多摩美彫刻在学中)が草刈りをしてました。

人物クロッキーは、綺麗な象(形・カタチ)を決めるための、「感性」を研ぐものです。

自由なカタチを決める時「放物線に頼るな!」と言います。

放物線は、誰が引いても綺麗になるのです。それを選んではいけません。

早朝人物クロッキーをやって、抽象形態を制作するのには、この様に、大切な意味があるのです。

日々の鍛錬無くして、プロの道は無い。

受験生も、受験課題のみに追われていては、折角身につけた美術の素養まで、無くなってしまいます。

デッサンや、発想に行き詰まったり、上達に疑問を持つなら、基礎の人物クロッキーをしてみましょう。

 

象鯨美術学院のお問い合わせはこちら