MENU
blog 新着情報

華の浪人時代

2010.01.28

コラム

 Y本さん講評時

Y本さん講評後

 

学生達は昼6時間課題をし、夜は昼のリベンジや私大対策をしています
充実した日々を送れる良き浪人時代です。
僕も3浪しました。徴兵制も無く、軍隊訓練制も無く、体育会系も少なく、モンスターペアレンツが子供をかばう事しか考えていない時代です。
浪人という人生を考える時期が将来のリベラルな発想を生むと思います。
デューラーも20歳の頃数年間浪人し世間(イタリア)を知りました。
しかし親の立場としては「無駄金は使うな!」
先日いまいち頑張りの足りない1浪のTN君に
「今お前の出来る最良の事は、せめて予備校に金払うな。最悪な事は予備校に金払って、勉強してない状態や」と言いました。
僕は1浪の時予備校にも何処にも行かず、ただただ遊んでいました。正に浪人、これぞ浪人。予備校に行って頑張ってる奴に「浪人」呼ばわりは失礼だ。屑大学で遊び惚けてる無駄な大学生こそ「浪人」だ。
大学生になって甘い浪人をするより、受験生の厳しい浪人をする方が将来まともになれると思います。
受験生 死ぬ気で頑張れ。こけたら負けだ。

象鯨美術学院のお問い合わせはこちら