MENU
blog 新着情報

東京芸大に学科は必要か?

2010.03.11

コラム

 

 

この議論は平行線である しかし
先日県立湘南高校の生徒が東京芸大デザイン科を受験したく、湘南地区の美術予備校に相談に行った。
「東京芸大は学科が難しいです」と言われ断念した。
そんな馬鹿な!と僕は言いました。
僕に相談すれば
「芸大は学科は必要ない。多摩美グラフィックやムサビの視デは学科難しいけどね」
と答える。
3年前に東京芸大デザイン科に合格したKさんはムサビ工芸工業の英語が24点で合格。
「美術予備校が不合格を英語のせいにするのは逃げ口上だ!」と言い続けて来た。
「しかし必要ない」は極論で、本当は少しでも高得点の方が有利なのに違いない。
が、Kさんがセンター英語を20点上げるのにどれだけの精神的、肉体的努力が必要だろうか?いや、どうあがいても20点は上がらない。勉強出来ない子は、20点が上がらないのだ。逆に20点上がる子は、放っておいても20点あがる。
と言うわけで、「学科が必要だ」と言っても仕方が無いのである。
学科が出来ない子は実技の点数を上げる事に専念すべきで、東京芸大はそれで合格する。
しかし多摩美グラフィックはそれでは合格しないので、勉強出来ない子は受けてはいけない!
と言う論理。
更に付け加えれば、県立湘南高校の子に「学科が難しい」と言うと彼らは「東大レベル」と思うのである。適材適所なその人の総合的なレベルを踏まえたアドバイスをしないと美術大学受験は初心者には読めない世界である。
それで、3/13の東京芸大合格者のメンツにより、「学科は必要ない」が証明されたり、証明されなかったりする。?
因に僕は学科があまりに出来なくて普通大学に行けず、日本で唯一勉強が要らない東京芸大に行きました。

象鯨美術学院のお問い合わせはこちら