象鯨会(OB会)

1987年来の教え子達が一同に集まるOB会(象鯨会)が存在する美術予備校。
大学生、現役の美術家、現役のデザイナー、現役の研究者のネットワークです。

1968年生まれの一期生から昨年大学生になったばかりの学生まで、約150名のOB会。
このネットワークを活用し、デザインの現場、芸術家として歩む先輩の姿を見ることができます。そのことにより、受験→大学生活→大学卒業後と、 自分の創作活動のイメージを強く持つ事ができると確信しています。

厳しい受験体験を通して、目標の芸大・美大に進学すると共に、美術家として必要な見識・美意識の基礎を鍛えなければなりません。 大学生活4年間だけ通用する受験対策だけに終わる傾向と対策だけの脆弱な指導と、長い創作生活の血となり肉となる象鯨の指導のとの違いは、この層の厚いOB会を見れば歴然です。

象鯨会158名

東京藝術大学45名
多摩美術大学45名
武蔵野美術大学20名
東京造形大学18名
桑沢デザイン研究所6名
その他24名

2008年新合格者象鯨会
東京藝術大学2名
多摩美術大学11名
武蔵野美術大学2名
東京造形大学9名